社会福祉法人 全国手話研修センター
〒616-8372 京都市右京区嵯峨天龍寺広道町3-4
FAX: 075-873-2647  TEL: 075-873-2646

手話日本憲法

日本手話研究所

ルビ表示の切り替え: ルビなし ルビあり マウス下のみ
前へ 次へ 第38条〔自白強要の禁止と自白の証拠能力の限界〕
何人なにびとも、自己じこ不利益ふりえき供述きょうじゅつ強要きょうようされない。
2 強制きょうせい拷問ごうもんしくは脅迫きょうはくによる自白じはくまた不当ふとうなが抑留よくりゅうしくは拘禁こうきんされたあと自白じはくは、これを証拠しょうことすることができない。
3 何人なにびとも、自己じこ不利益ふりえき唯一ゆいいつ証拠しょうこ本人ほんにん自白じはくである場合ばあいには、有罪ゆうざいとされ、また刑罰けいばつせられない。